中古バイクの買い方のポイント

バイクを買う際、新車で買うか中古で買うか迷うというのはよくある事です。最近は中古バイクを選ぶ方が増えているようですが、値段だけで選ぶと失敗する事が多いです。中古バイクを購入する際には良い買い方やそのメリットとデメリット等について知っておくと良いでしょう。購入に際して重要な事はまずどのお店を選ぶかです。

新車と違い、程度の良いものと悪いものが存在するため、購入店のメンテナンス能力などが重要になってくるのです。どのお店でも見た目は綺麗にしているのですが、内部のパーツについては本当にピンキリで購入店によってだいぶ変わってきます。購入後も転倒によって故障したりでメンテナンスのため再来店する事も多いので、後々の事も含めた尾店選びをするようにしましょう。見た目の良し悪しはわかるけど、パーツについてまでは全くわからないと言った初心者の方の場合はネットでの口コミや詳しい友人などに聞いてみる事で信頼できるお店を見つけるようにしましょう。

中古バイクを購入するうえで次に重要なのは事故車かそうでないかの判断です。事故車とは事故で破損したものを修理して販売する事を指すのですが、事故車の場合目に見えない個所が破損している事が多く、購入時にはわからなくても、購入後に問題が発生したりすることもあるのです。事故車かどうかの判断は、ハンドルを切ってみてハンドルが歪んでないかや乗車の際に足を置く部分にあるステップゴムが新品ではないか等を確認することであり程度判断が可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする