中古バイクの魅力とは何か

中古バイクには新車にはない実に様々な魅力があります。まず何と言ってもその魅力は価格が安く、予算に応じた車種が手軽に選べることです。新車の予算でひとクラスもふたクラスも上の車両を購入することも可能です。そして安いからといって、必ずしも現代のオートバイに比べて、性能が劣っているわけではないのも魅力です。

また、新車に比べると当然のことながら、その種類の豊富さゆえ、選ぶ楽しみが大きいことも魅力といえます。現在販売されている車両がそのまま全て中古車になっていくわけですから、まさに選り取り見取りと言えます。同じ車両でも程度や仕様が異なりますし、中には二度と手に入らないような貴重なパーツが取り付けられているものが選べるのも魅力です。また、中古車の最大の魅力と言ってもいいのが、今後二度と製造されることがないような貴重なタイプのものを所有できることです。

その代表格とも言えるのが2ストロークエンジンを搭載したオートバイが挙げられます。排ガス規制の問題から2ストロークエンジン搭載のバイクはメーカーのほうで二度と企画販売されることはないタイプのものです。それらは中古でしか乗ることができないのはまさに醍醐味と言えます。さらにそのような貴重な価値を有するバイクの中にはプレミアがついて価格が高騰しているものもあります。

超ヴィンテージバイクに限らず、80年代までのまだヴィンテージと呼ぶには比較的年式が新しいバイクの中にも、将来価格高騰が期待できそうなものが生まれる可能性があります。特に特別仕様の記念モデルや人気車両だったもので生産台数が少ないものなどは、所有する楽しさだけでなく、資産価値まで期待できるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする