中古バイクによくある症状

オークションで購入する、ショップで購入する、ディーラーで購入するなど、中古バイクを購入する手段は様々あります。専門ショップだから、ディーラーだからすべて安心して任せられると思っている人も居るかもしれませんが、いかなる状況であっても中古バイクを購入する時には「自分の目で状態を判断する」という事が重要です。もし、全く知識が無いという状況で判断できないという事であれば、出来るだけ新車での購入を検討した方が得策でしょう。中古バイクの状態を判断するポイントはいくつもありますが、中でも重要度の高い部分は「エンジンと足回り」です。

これらでよくみられる症状を知っておくと、最低限避けた方が無難な個体を判別するのに非常に役立ちます。エンジンであれば「音」が重要なポイントです。いわゆる「機械音」と呼ばれる異音が目立つようであれば、シリンダー関連やクランク関連に大きな障害が発生する可能性が高くなります。出来るだけ異音が少ない個体を購入するように意識するだけで、不要なトラブルに見舞われるリスクを大幅に減らすことができます。

また、「エンジン始動~アイドリングが安定するまでの時間やプロセス」も重要な部分です。出来る限り自然な状態で、如何に安定しているのかを意識して比較すると良いでしょう。足回りに関しては「オイル漏れや減衰圧」を意識的にチェックすると良いでしょう。オイル漏れは致し方無いものの、ショック類が正常に作動していないと事故などのリスクが大きく高まってしまうため、最低でも「沈む、戻る」という正常の動作をしているかどうかは確認する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする