中古車を購入する際には諸費用を確認しよう

中古車を購入する際に、注意しなければいけないのが諸費用の概算です。中古車の見積もりには基本的に車体価格とは別に諸費用が発生します。この諸費用が紛らわしく、注意が必要です。ひとえに諸費用と言っても税金などの法定費用と販売店手数料の2種類が含まれます。

法定費用に関しては税金である、自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自賠責保険料、消費税、法定預かり費用、自動車リサイクル料金が該当します。特に、自動車税、自動車重量税、自動車取得税に関しては車種やグレードによって区分が異なり、費用が増減するのが特徴的です。主に車体が大きくなればなるほど増加すると覚えておくと良いでしょう。次に、販売店手数料です。

こちらは代表的なのが納車前整備費用や登録代行費用や納車費用、車庫証明代行費用があります。こちらは販売店手数料の諸費用の為、店舗によって金額設定が異なるのが特徴的です。前述の法定費用は法で定めた区分によって金額が異なる為、どのお店で購入しようとそれらは変わる事はありません。しかし、販売店手数料はお店ごとによって異なり、またお店によっては含まれていたり、含まれていなかったりと様々です。

その為、中古車を購入する際にどういった諸費用が含まれているか確認する事が大切です。特に、納車費用や車庫証明代行費用に関しては、店舗にて納車にすれば費用を抑える事が出来ますし、車庫証明も自身で取得する事も可能ですので、諸費用を抑える事が出来ます。このように中古車を購入する際には、諸費用をチェックし、もし不要なものが含まれていたら、外してもらうよう相談する事で総費用を抑える事が出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする