中古車も衝動買いは厳禁

たとえ中古車であっても高価な買物には違いありませんから、購入はよく考えてから決める必要があります。数多くの車の中から自分にピッタリ合ったものを探すのは想像している以上に大変です。実は新車以上に慎重にならなければいけないのが中古車選びなのですが、なぜか衝動買いに近いような形で即決する人が少なくありません。もちろん即決は決して悪いことではありません。

フィーリングは大事ですから、これだと思った車が見つかれば、ほかの人に買われてしまう前に契約を済ませるのも一つの方法です。しかし、もっと良い車が見つかったり、支払いの段階になって思っていた以上に諸費用を請求されたりして、キャンセルしたいと考える人も少なくありません。一旦契約書にサインをしてしまった以上、契約を一方的に破棄するには違約金が発生します。販売店も中古車購入者の気が変わりやすいことを知っていますので、契約が成立すればすぐに売却に向けての手続きを開始します。

キャンセルを申し出ると、契約書に書かれた違約金を請求されるのが普通です。このような失敗をしないためには、事前に必要事項の確認を怠らず、契約書に書かれた内容を熟読することが不可欠です。例えば引き渡しまでに洗車をする、タイヤ交換をするなどといった約束は、必ず契約書に明記してもらいましょう。契約書には必ず諸費用についても書かれていますので、不審な手数料などが上乗せされていないか確認し、疑問点があればそれを解決してからサインするようにしてください。

トラックのリースのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする