中古車市場を賑わせているのはなぜか

中古車市場が今加熱しつつあります。加熱とはどういったことをいうのでしょうか。アベノミクス効果で景気が回復しているように見えますが、中国やアメリカ、ロシアなど不安定な要素がいくつかあり、株価も乱高下しているような現状です。こういった不安定な要素があると、世の中の人々は、現金で資産を持っているよりも、モノにお金を換えようとします。

モノとは、金(キン)だったり、家だったり、車だったり、その後持っていたらお金に換えられる何かです。それらのお金が中古車市場にも入ってきて、価格はこの一年で一割から二割ほど上昇しているといえます。中古車の価格を見るには、インターネットで開催されているオークションサイトがいくつかあります。雑誌もコンビニで売られているオート雑誌や月刊誌など一般の人が簡単に価格がわかるツールが多く用意されています。

もし好きな車種があって雑誌を捨てずに価格をずっと追っているとしたら、ここ一年の価格の上昇は手に取るようにわかることでしょう。資産をモノに換えるとして、おすすめできる車とは何でしょうか。それは年数が経っても価値が下がらない、あるいは価値が上がるマニアが欲しがる車だと言えます。普通に街で乗る車を安く買いたいという車と、価値が下がらないマニアが欲しがる車とは別物だと考えるべきでしょう。

ただマニアが欲する中古車は値段がそれなりなので、中古車市場を賑わせているのは資産家なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする