中古車の選び方として

中古車の選び方、というのはいくつかあります。一つは金額です。つまりは、安いかどうか、ということです。さすがに中古車でもそれなりの金額になっていることが多いです。

良い状態のものはそうですが、それでも安いことは確かです。新車よりは遥かに安いのは間違いないです。いくらか例外はあります。例えば、アンティークカーなどはどうしてもプレミアムがつくことになります。

これは例外であるといえますが、通常の市販されている車であれば、中古で買えば、相当に費用を抑えることができるようになります。中古車といっても、状態がよいものはいくらでもありますから、そんなに心配する必要性はないです。但し、信頼できるところから買うことが大前提になります。中古車市場はあくまで典型的なレモン市場になります。

これは要するに食べてみるまで酸っぱいかどうかわからないレモン、ということです。つまりは、買う側がどうしても良し悪しの判断が出来にくい商品市場のことです。中古車というのは、代表的なレモン市場の商品になります。車の状態の良し悪しなんてものは素人にはわからないです。

ですから、信用できる店から買うようにすることです。長い付き合いができるところにするのがベストであるわけです。基本的には、紹介をしてもらったり、親族、友人などの店にするとよいです。少なくとも一見で決めるよりは遥かに良い買い方であるといえます。

最近はネットで評判も調べられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする