世界中で活躍する日本の中古車

日本の中古車は、世界的な評価も高いです。日本ではもう中古ショップに並べることもできないようなくたびれた車であっても、発展途上国や新興国では立派に使っていける車として人気が高いのです。日本車は中古でも丁寧に乗り回しがされているので、くたびれているといってもまだまだ数年から十数年は使っていくことができるわけです。もともと日本車が丈夫に作られているというのももちろんありますが、発展途上国の悪路でも平気で走る姿には感動すら覚えます。

日本車は燃費がいいという点も、発展途上国では人気が高い要素です。燃料が少なければ、それだけランニングコストが抑えられるので、お金持ちでなくても乗り回すことができます。発展途上国は国土だけは広い国も多いので、長距離移動でも安心できる点が受け入れられています。中古車は船で海外へと輸出されていき、こうした輸出産業はかなりの規模になっています。

日本では、毎年数万台もの中古車がショップにも並べられることなく、直接さまざまな国へと輸出されていくのです。これこそが、日本が自動車大国といわれるゆえんの一つでもあります。日本車が世界的な評価を得ているのは、何も新車の世界に限ったことではないのです。むしろこうした中古車輸出産業のほうが、日本が自動車大国であることを世界に知れ渡っている原因なのかもしれません。

毎年自動車の性能は右肩上がりで上がっているので、中古車もより故障しにくくなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする