長年使えるスチールラック

オフィスレイアウトやデザインは誰のためにあるのか

白い蛍光灯のした、グレーの冷たい素材のテーブルにグレーの椅子。窓には白いブラインドカーテンがかかっています。と聞くとどんな職場のイメージを持つでしょうか。向かい合わせの机など、オフィスレイアウトやデザインはそれだけで聞いた人や見た人にその職がどんなものか、どんな雰囲気なのか無意識に訴えかけるものです。

仕事ができればそれでいいじゃないかと思うひとがいる事もたしかですが、それでは、食べれればいいじゃないかといって盛り付けもせずにフライパンや鍋から直接料理を食べるようなものなのです。お皿はなぜあるのでしょうか、盛り付けという単語はなぜあるのでしょうか、料理の腕がいくら良くてもできた料理の見た目が悪ければ美味しさは半減するのではないでしょうか。それと同じようにオフィスレイアウトやデザインもそこで仕事をする人ら来訪した人に仕事の良さを伝えたり、信頼度を増したりすることができるのです。色だけでもたくさんのイメージを与えることができます。

例えば青や緑を特徴としたデザインで見通しの良いオフィスレイアウトと、黄色や赤を特徴としていて、見通しが悪いオフィスレイアウトの金融関連会社だとどちらが信頼できるでしょうか、想像していただけましたか。ある程度個人による差異はあれ人間はそいうった目から入ってくるもので物事を判断する傾向があります。また上記のふたつ、どちらが仕事に集中しやすそうでしょうか、職種が違えばまた変わってくるでしょう、ですからオフィスレイアウトとデザインはその仕事に関わる全ての人に影響を及ぼすので重要と言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です