長年使えるスチールラック

機能的なオフィスレイアウトのデザイン

オフィスのデザインやレイアウトの変更を考えたいとき、どこをどのように変更したいか決めることです。そのためにも基本的な方針が必要となります。基本的な方針というと大げさかもしれませんが、どこをポイントにデザインやオフィスレイアウトを変更するか分かるようにするということです。コンセプトともいいますが、コンセプトというと逆にわかりにくくなるので見通しがよい開放的なオフィスレイアウトなどというようにこだわり抜くところを決めるということです。

見通しがよいということは仕切りは少なくなります。開放的ということであればやはり明るくということにもなってきます。このようにひとつ基本的な方針を決めることでまわりの要素も決まってくるようになるのです。それとともにオフィスレイアウトやデザインを考える場合は空間をどのように仕切るか決める必要もあります。

ここにも基本方針が関わってくることになりますが、仕事中心なオフィスではやはり仕事を続けることが苦痛になることもあります。ここはリラックスできるようなスペースを作っておくことが必要です。できればカフェエリアとして一息つける場所を取るだけで仕事の能率は大きく変わってくるのです。また仕事がしやすいオフィスレイアウトということでは書類の保管場所や会議室の場所など仕事の場所とのつながりを考えます。

それは作業をしやすいということで、例えば書類を出し入れする、コピーをするといった作業に動き回らないといけないオフィスレイアウトではよくありません。ここをおさえて配置を考えるといいです。スチールラックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です