長年使えるスチールラック

スチールラックは値段差は組立易さ

スチールラックは企業の資料室や倉庫にて紙の資料などの重量物を整理する際に、比較的安価で購入する事のできる棚になります。ただ比較的安価ですが、インターネットのネットショップを閲覧しても同じお店であってもグレードの差で大きな金額差になります。この同じスチールラックですが金額差に関して説明をします。耐久性に関しては金額差には大きく関係ありません。

重量に関してもほぼ同じ材質を利用していますので差異はありません。であれば何が大きく異なるかというとスチールラックの組立方法が異なるからです。一番費用が高いパターンは、組立作業の設置を依頼する方法です。これは自分では一切組立作業を行いませんので面倒な部分はありません。

一番、安いパターンは全ての棚に関して、棚の組立時に主要な部分は電動工具を使用してネジで組み立てを行います。グレードが少しあがると、ネジではなく嵌め合わせを利用した棚で電動工具を利用する頻度が少なくなりますので作業負荷は低くなります。ただ、棚を設置時には色々な部分を考慮する必要があります。スチールラック自体が重量物ですので、荷物を置いた場合の重量を床が耐えられるかを事前に確認する必要です。

また、設置するサイズを事前に確認しておかないと部屋に入らないケースです。棚の高さも事前に確認しておかないと商品が入らない場合もあります。棚の高さをスムーズに変更したい場合にも、棚自体が重量物ですので二名での変更作業が必要になりますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です