長年使えるスチールラック

可能性が広がるスチールラックの活用法

棚とポールで構成されるスチールラックは、今や家庭で多用途に活用される家具の定番で、続々と収納アイデアが誕生しています。スチールラックの基本的な使い方は収納棚で、子供部屋を始めとしてキッチンや洗面所のスペースでも活躍します。転倒を防ぐ突っ張り棒がオプションで用意されていたりするので、縦方向に伸ばして天井付近のデッドスペースを活用することもできます。棚の数や上下の間隔はかなり自由に設定できますから、既製品で棚の数が決まっているラックと比べて非常に便利だといえます。

スチールラックは横に連結する使い方も可能ですし、足元にあえて棚を設けないことで机としても使えますから、まさにアイデアで可能性が広がるアイテムです。スチールラックの定番活用方法の1つテレビ台は、ローボード代わりになる便利な使い方で、棚板の大きさが選べたり高さを自由に決められるメリットが魅力です。足をそのまま使うこともできますが、キャスターに交換することで移動を容易にしたり、テレビ裏の掃除をしやすくすることも可能です。また応用としてコンポを乗せるオーディオラック代わりにしたり、ゲーム機やレコーダーの設置スペースを作るのにも役立ちます。

本棚や簡易的な洋服掛けに加えて、既存のクローゼット内の収納スペース作りにも役立つので、スチールラックが秘めている可能性は大きいことが分かります。分解して組み直したり、拡張して使える自由度もありますから、少しずつパーツを買い増して活用の範囲を広げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です