長年使えるスチールラック

スチールラックの特徴

小売店などの倉庫などで見かけることの多いスチールラックですが、その存在は知っていてもその特徴や性能などはあまり気にしたりすることがありません。ここではそんなスチールラックの特徴などをご紹介していきます。まずスチールラックといえば荷物を整理するための棚ですが、実は多くの種類が存在しており、環境に合わせていろいろ選ぶことができるのです。例えば支柱に棚をボルトを使って取り付ける一般的なタイプは、場所や乗せるものをあまり選ばず、多くの用途に使うことができるためあらゆる所で見かける一般的なタイプです。

それなりの耐荷重もあり、よっぽどのことがない場合はこのタイプでも十分なのですが、もしも重量があるものをのせたい場合は耐荷重が150キログラムまでのようなものなどもありますのでそちらを利用するのがおすすめです。また、棚をボルトで取り付けるのが面倒だなという方もいるかもしれません。その場合はボルトレスで簡単に組み立てられるものもあります。もちろんボルトじゃないからといって壊れやすかったり、あまり重いものをのせることができないというわけではなく、しっかりと重い荷物に対応しているものもありますのでご安心ください。

スペース的な問題でラックをどこかにまとめておきたいという場合、レール式ならラックを一つ一つ動かすことができます。使用しない時はすべてくっつけて並べておき、必要な時だけ少しだけ動かして物を出すことができます。荷物の整理などでお困りの際はスチールラックを利用してみるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です