長年使えるスチールラック

快適なオフィスレイアウト

オフィスレイアウトは見直すことで仕事の仕方も変わります。ただ何度も変更を行うわけにもいきません。組織を変更する、人事異動があるようなタイミングでオフィスレイアウトの変更を行うという方法があります。仕事はオフィスの環境によって効率も変わるため、どのようなオフィスにするのかよく検討をすることが大切です。

明るく快適なオフィスということだけでなく、机の配置や通路、休憩場所などの作り方も変わってきます。机の配置としては対向式のレイアウトが一般的です。チームで仕事を進めるような場合に適しています。スクール式は前後左右の人とコミュニケーションが取りやすいなどのメリットもあり、仕事を集中して行うこともできます。

背面式はより集中力をアップさせることができるレイアウトです。またオフィスレイアウトは通路もよく考えておくことです。メインとなる通路が狭く通りにくいようでは仕事もはかどりません。メインとなる通路は二人が行き来できる幅をとっておくことが大切です。

机の横なども椅子を引いても通ることができる幅を取っておくことです。このように仕事を集中できるようにする、コミュニケーションをとりやすくするなどオフィスレイアウトで変わってくるのです。そして休憩できるスペースも考えておくといいです。仕事に集中することができる時間も限度があり、気分を入れ替えることができるようなスペースをとっておくことです。

仕事をより効率的に行うことができるようにするためにも、リフレッシュスペースがあるといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です