長年使えるスチールラック

オフィスレイアウトでは動線を意識したデザインで

オフィスレイアウトでは、どうしても見栄えを考えて、まずどこに机やいす、パーティション、パソコン、コピーの位置にするなどを考えてしまいますが、オフィスはあくまでも仕事場ですので、見た目にだけを重視してはいけません。確かに見栄えのいい整理整頓されたオフィスは社員にとって働きやすいかもしれませんが、このオフィスレイアウトがあまりきっちりしすぎて融通性ないデザインでは、機能的でないこともあります。ではオフィスレイアウトでは機能的にするため、何に気をつけるべきかと言いますとそれは働くものの動線に注意をするべきです。いくらオフィスの備品の収まりがよくとも、この動線を無視した作りは無理がでます。

つまりはオフィスにおける作業効率を著しく阻害します。レイアウトでは、収まりがよくてかつ綺麗でも、それは机上での話で、現実には機能しないことがよくあります。一層ないほうがいいものは、思い切ってなくしてのデザインの想定もありだと思います。そのほうがより働きやすい職場環境を提供できるからです。

まずは、この動線に大いにくふうを凝らしてシミュレーションしていいものにデザインができてから、オフィスの見栄えや美しさを追求するべきで、これを無視したレイアウトは、社員の勤怠管理の中で業務への専念させてコストパフォーマンスを上げるという部分を欠落させてしまいますので、たかかがオフィスレイアウトとは考えず、熟慮して当たるべき問題であると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です