長年使えるスチールラック

オフィスレイアウトは全体のデザインが重要

オフィスレイアウトが企業の利益に与える影響が数字として表面化して来ました。昨今これに注目し、昔ながらの古いオフィスから一新し、オフィスレイアウトを大きく変更する企業が増加傾向にあります。建物の構造から工事で変更する大規模なレイアウト変更から、パーティションで区切るだけの簡単な工事まで規模は様々ですが、一部だけでなく、全体を見渡す会社全体のデザインが重要なポイントだと言います。社内で検討及び決定するのではなく、外注して専門家にオフィスレイアウトを考案してもらう方が、後々メリットは多いと言います。

プロの視線で見る事、第三者の目で見て、今の会社に必要なレイアウトを提案する事で、使い勝手や不要なスペースの排除などがスムーズに実施出来る為です。プライバシーの確保やアイデアを発案し易いリラックス出来る雰囲気作りに、オフィスレイアウトが欠かせないと言う考え方は欧米では10年以上も前から浸透して、実行されて来ました。若干遅れながら日本にもこの考えが根付き、今では斬新なオフィスも増えています。珍しいケースでは社員のデスクが定位置でなく、気分やその日の業務内容に応じて好きなデスクで仕事が出来るオフィス、逆に社員1人1人に個別の部屋を提供して、まるで自分の部屋の様に個人の自由にレイアウトや装飾を許可している会社などが挙げられます。

いずれも、企業の業務内容によって適応するしないがあるので、くれぐれも費用を投じて行うオフィスレイアウトは慎重且つ冷静な判断の上実施すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です