長年使えるスチールラック

オフィスレイアウトのデザインとデスクの配置について

オフィスレイアウトの中心となるのが、デスクの配置です。そのデザインによってオフィスの印象は大きく変わってしまいます。しかし、デスクの配置には様々なパターンがあり、それによって、コミュニケーション、プライバシー、スペースなどの要素に対するメリットとデメリットがあります。これらのいずれをも満たしていると言えるレイアウトが、「背面式レイアウト」です。

これは、デスクを横に並べて列を形成した後、この列を従業員の椅子で隣接させるようにして縦に並べるというものです。この配置の場合、別の列の従業員とは、振り返ることですぐにコミュニケーションを取ることができます。また、デスクの前方はパーティション(仕切り)で覆われており、他人の視線を気にすることなく作業に集中できます。さらに、椅子が隣接している部分を通路とすることができるため、スペースの無駄も少なくなります。

問題点と言えば、パーティションのコストがかかるくらいと言えるでしょう。その他のレイアウトとしては、デスクの先と横に別のデスクを隣接させて「島」を形成する「対向式レイアウト」があります。これは、日本において代表的なオフィスレイアウトであり、コミュニケーションとスペースの面では良いのですが、プライバシーの面では問題があります。さらに、「背面式レイアウト」とる「対向式レイアウト」にも様々なオフィスレイアウトがありますが、その多くは、スペース効率の面で問題点があります。

つまり、スペースの少ないオフィスでは、そのレイアウトも自然と限られてくるということです。オフィスレイアウトの一新を考えるのであれば、まずはオフィスのスペースの広さを念頭に置き、そこから可能なレイアウトを割り出していくようにすると、無理のないオフィスレイアウトをデザインすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です