勤怠管理の方法について

会社では、社員の給料を支払わなければなりませんが、客観的な情報を元にして支払いが決められています。例えば、出社・退社・休暇などがありますが、これらを明確にする必要があります。そこで重要になるのが勤怠管理です。勤怠管理とは、社員が出社時間や退社時間を適切に守れているかを会社が管理することをいいます。

勤怠管理をする場合には、会社側としては社内ルールを整備することが重要になってきます。その上で、会社独自のルールを守らせるかが大事になるのです。勤怠管理の方法の一つにタイムカードがあります。タイムカードは昔ながらの細長い縦長のカードを機械に入れてガッシャンと時間が刻印されて完了する物が多いですが、最近はカード式の物も増えています。

カード式の方が一括でコンピューター管理をすることができるからです。ですが、タイムカードにも問題があります。それは改ざんを容易にすることが出来る点です。会社の同僚同士で「遅刻しそうだからタイムカードを押してくれないか」などと頼む場合、簡単にすることができる点です。

同僚の分のカードを手にすることが出来ればあとは機械に通すだけになります。周りに現場を見られず(見られたとしても誰のカードかは遠目でわからない)、上司が会社におらず朝から出先にいる場合には遅刻した事実を知らなければ改ざんが容易にできるのです。このような問題を解決するべく、最近は指紋認証をすることで出勤時間や退勤時間を把握することが出来るようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *