勤怠管理を行う目的とは

会社には出勤や公休があり、出勤時間、退勤時間、休憩時間などが決められています。これは労働基準法などの法律に基づいていなければならず、会社内の就業規則などで決められています。勤怠管理というのは従業員がこれらの時間を適切に守っているか各部門や会社として管理を行うことです。例えば出勤や公休ということでは会社には出勤を決められた日がありその日に出社しなければなりません、もし出社できないような場合は欠勤か振替休日か有給か判断をしなければなりません。

もし欠勤となるような場合は給与から控除を行う場合もあります。また出勤時間や退勤時間、休憩時間についても確認が必要であり、決められた時間より遅く出勤したり早く変えるような場合は遅刻や早退扱いとなります。この場合も給与から控除する場合もあります。逆に出勤や退勤時間より多く働いている場合は残業となり、残業の場合は手当を支給する必要もあります。

勤怠管理はこのような出勤、公休、有給、出勤時間、退勤時間が適切かどうか確認をするために必要となるのです。勤怠管理を行うためには早くこれらの情報を捉えることが必要です。1ヶ月たってから残業がとても多かったというような場合や出勤日数が足りていないとわかってもその月は変更することはできません。勤怠管理の情報はタイムレコーダーなどから打刻データを収集する方法があり、毎日このデータを確認して各部門単位の上司などで確認ができるようにすると早く手を打つことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *