勤怠管理の活用で人事業務に関するメリットとは

勤務場所に勤怠管理のシステムを採用することで、日常の人事の業務が緩和されます。日常の勤怠管理としては、規定外労働を含む労働者の日々の勤務時間の管理、そして危険な作業の従事者に対する手当の支給にかかる危険な作業の時間の管理、さらに労働者の外出かつ出張の管理、あるいは年次有給休暇の管理などが挙げられます。そのような、労働者の勤怠管理は通常の定型的な業務です。毎日のように実行される作業であればこそ、少なくすることができるものは可能な限り短い間で即行われるべきことといえます。

定型の業務をセーブすることで、別の作業に焦点を当てることができ、合理化された業務の遂行が実現します。勤怠管理導入の長所は、まず連日の勤務の時間管理が簡単になるということです。労働者は始業の時と就業の時に打刻をパソコンのディスプレイ上で実行すればよいので、タイムカードのメンテナンス無用です。規定外労働を行ったときも、規定外労働の時間をインプットすればよいだけです。

また関係者もその一式を同意するだけなので、一つ一つ出勤時間の割り増し計算を実施する必要性もありません。また、様々な休みのエントリーをシステムの上で可能なことです。一例として年次有給休暇を入手したい時は、従業員が年次有給休暇をシステムの上でエントリーし、勤怠の統括者がそれを同意するだけで情報が活用されます。さらに、給与体系と連結させることで、給与計算が簡単にすることが可能ということです。

以上のポイントを考えに入れると、勤怠管理システムの組み入れは人事の業務に就いている者にとって格段に有益であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *