勤怠管理システムにクラウドが

勤怠管理システムと呼ぶと大仰に聞こえますが、例えばタイムカードもそうです。打刻して、何時に仕事を開始したか、何時に終了舌か、と言うことを管理するわけです。タイムカードはかなり原始的な考え方で使われているシステムではありますが、管理をすると言う一点においてはわかりやすいほうが便利です。把握しやすい、と言うメリットがあります。

最近では勤怠管理システムもかなり高度化しています。まず、必ずしも会社に出社するとは限らない仕事も増えています。工場などではその場に確実にいるわけですが、営業職などはそうではないです。プログラマーのようなIT系ですら、出先で仕事をしていることもあります。

その為、昔ながらのその場に入ることを証明する形であるタイムカードは使えない場合があります。そこで注目されているのが、クラウドシステムの勤怠管理です。クラウドとはインターネットなどのネットワークを活用して、利用するシステムです。分かりやすく言いますと出先からの勤怠管理システムに対するアクセスができるわけです。

パスワードやIDで本人確認もできますから、これで正確な時間で管理ができるようになります。勤怠管理は公正であることが大事であり、その為には誰にでも分かりやすいシステムにするのが大事です。そうした意味ではタイムカードは非常に優れています。しかし、実情としてその場にいて打刻するのには限界があるわけですから、新しいシステムを導入するべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *