勤怠管理で気をつけること

勤怠管理は、会社の規模が大きければ大きいほど社員数も多い傾向があり、職種も多いと思います。各仕事内容によって勤務時間が違うこともありますので管理する側からすると複雑化してきているために大変です。中には一部は裁量労働制をとっていたり、フレックスタイムが導入されていたりしますので、社員全員の勤務形態は一定ではないために大量に処理をするときには間違いなどに気づきにくくなります。このように一見簡単そうに思える勤怠管理なのですが、効率化をしなければ労力や本来必要のない作業時間がかかることは間違いないでしょう。

改善と効率化する方法はいくつかあるかとは思いますが、地道にやっていくことが結局は近道のこともあります。例えば、現場で勤怠管理をするのはその部門の上長であったり、大人数の部門であればグループのリーダーや課長、係長などが担当しています。日々それぞれの仕事に追われているので、勤怠管理については現状はあまり積極的に取り組んでいない傾向があります。そうはいっても、大人数の部下がいたとしても、間違いなくしっかりとチェックする上司は存在しますし、そのような上司は気をつけなければいけない部下の残業時間の超過に対しても常に目を配っています。

そうでない部署は必ず毎回管理されておらず、ミスが多いものです。システム化を推進してデータ集約することで時間的負荷からは多少開放されることになりますが、根本的な解決にはならないこともあります。現場の上司に対しても勤怠管理の重要性についてしっかり説明を行って協力を仰ぐことは案外大切なことなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *