勤怠管理はICチップ入りの社員証で自動化できる

まだまだアナログなタイムカードを使って勤怠管理をしている会社も多いです。ですが、タイムカードを使った原始的な勤怠管理は、デメリットが多いです。まず、一人一人がタイムカードを通さなくてはならないので手間がかかります。カードの保管に場所を取りますし、集計をするのも大変な作業になります。

他の人が代わりにタイムカードを通すという不正を防止することも難しいです。そこで便利になるのが、最近登場し始めているデジタル式の勤怠管理システムです。社員証にICチップを埋め込むことによって、ゲートを通るだけで自動で勤怠管理ができるものもあります。そういったタイプなら社員一人一人の手間も省けますし、データは自動でパソコンのなかに溜まっていきます。

誰がいつ会社に入って、また出て行ったのかが事細かに集計できます。集計に人手がいらない点も、デジタル化する魅力の一つです。もちろん、このスタイルであれば不正はかなり減らすことができます。社員証は本人しか持っていないものだからです。

ゲートがあれば、社外の不審者を中に入れてしまうこともなくなります。セキュリティを大幅アップさせながら、勤怠管理を完璧にこなしていくことができます。パソコンに取り込まれたデータは、そのまま給与計算ソフトなどに流し込んで使えます。初期費用は高くなりますが、ランニングコストは圧倒的に削減できることでしょう。

ある程度以上の社員数の会社なら、導入を検討してみてもいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *