勤怠管理は公正であるのが

勤怠管理は昔からやっています。会社であるわけですから、いつに出社して退社したのかはチェックします。それが給料に反映するわけですから、公正である必要があります。一人一人、口頭でチェックするような会社もあります。

人数が少ないのであれば、それで十分です。出勤簿を作り、毎日自主的に出社時間を書く、と言う方式を未だに使っているところは多いです。紙でやれますし、人数によってはこちらの方が効率的である場合もあるからです。しかし、人数が多いと別です。

また、皆が皆、必ず会社に出てくるならばよいですが現場に直接向うこともあります。そうした場合はどうしても自分で書くわけにはいかないわけです。昔からこうした状況はあって、電話なりメールで出勤した旨を伝えて、勤怠管理としていたことが多かったですが、今ではコンピュータを駆使する方が楽です。クラウドシステムを活用した勤怠管理であり、出先からでも正確な時間を打刻できます。

大きなメリットとして、人の手を煩わせることがない、と言う点があります。勤怠管理は効率的であることがとても重要です。それ自体で利益が生み出されるわけではなく、あくまで管理であるからです。無駄に厳格にする為に手間をかけるのも費用的にまったくお勧めできないことです。

そのバランスが難しいわけです。クラウドシステムでは個々人が遠方からでも出勤、退勤の申告が出来るので極めて効率的であり、不満も溜まりにくいです。所在管理システムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *