所在管理システムの用途

物を売るメーカーでは、必ず在庫を持つ事になります。

その方法は様々で、外部に委託して専門のレンタル倉庫を使っていたり、自社に倉庫を持っているところは多いでしょう。そこで毎日入出庫する中で、良くあるトラブルがどこに行ったか分からなくなる事です。これは倉庫業宿命のテーマかもしれません。所在管理システムはそのトラブルを未然に防ぐべく開発されたシステムと言えます。所在管理システムにも厳密なものから簡易なものまであります。

しかし細かい一つ一つの商品にまで対応しているものも珍しいでしょう。多くは箱単位で管理され、そしてバーコードが使われています。ICチップを活用しているところもありますが、やはり昔から使われている技術という事でリーダーの価格帯が違って来て、バーコードの方が所在管理システムに多く使われています。商品にバーコードを貼り付け、入庫の時点でデータとして読み取り、システム上で管理する事になります。もちろん出庫時にはマイナスにして、間違いがない様にします。これが所在管理システムで、システマチックな倉庫なら必ず担当者はリーダーを持って倉庫内を行き来します。入れるのと出すのを間違えなければ在庫がずれる心配はなく、在庫がずれなければ大抵のトラブルは未然に防げるからです。ただどうしても人のやる事なのでミスは起こりますが、それへの対策が週に1回や月に1回行われる棚卸しと呼ばれる作業で、倉庫内の在庫数を全てチェックするものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *