スマートオフィスに欠かせないビーコンセンサー

最近スマートオフィスというのもが話題となっています。

スマートオフィスとは利便性や快適性に優れたオフィスのことで、最新技術を駆使することによって今の仕事の負担を著しく減らせるよう工夫がされています。スマートオフィスを作るためには色々な工夫が必要となりますが、中でも一気に今のオフィスをスマート化してくれるのが、ビーコンセンサーというものです。ビーコンセンサーとは特別な電波によって人や物の位置を測定したり、圧力などを検知したりできるセンサーです。発信された情報は自動的にレシーバーを通じて専用のサーバーに記録されていくので、いちいち計測した記録を人の手で吸い上げる必要もありません。

例えばビーコンセンサーを座席に設置すれば、着座状況を瞬時に管理することが出来るので、いちいちタイムカードをとる必要がなくなります。また会議室などに設置すれば使用状況も瞬時に把握できるようになるので、会議室の予約等の業務の軽減をすることも可能です。もちろん自席に今誰が座っているかということも確認できるので、違う部屋にいる人と話に行ったのに席にいなかったというようなトラブルを回避することが出来ます。合計でどのくらいの時間椅子に座っているかということもわかるようになるので、社員の健康維持の手助けもしてくれます。ビーコンセンサーを一つ導入するだけで様々な形でオフィスをスマート化する手助けをしてくれるので、もっと利便性を高めたいという方は導入を検討してみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *