ビーコンは様々なところで使用されている

ビーコンとは、Bluetoothの信号を利用して発信する端末や通信方法のことを言います。

最近はBluetoothを利用する機会が増えてきたため、今まで以上にビーコンが活躍しています。Bluetoothを利用されている方ならイメージがつきやすいかもしてませんが、ビーコンは無線技術を利用した情報の伝達手段です。数秒に1度の間隔で、半径数メートルから数十メートルの範囲に信号を発信しています。この信号を感知してサーバーに送信することで、サーバーから受信端末に情報を送信します。

ただし、半径数メートルから数十メートルという広さから分かるようにあまり広範囲で使用することができません。ピンポイントで使用する場合は情報を送信したり、複数の端末で情報を記録することができます。そのため、位置情報を使った情報発信サービスや観光地や建物の道案内・美術展などの音声ガイドに使われています。さらに、位置情報を利用して社員の勤怠管理や車・バスの現在地を調べることも可能です。もちろん、スマートフォン以外でもBluetoothの機能があればビーコンを使うことができます。ビーコンの端末は、機械に組み込む大きなタイプからボタン型の小さなもの・インテリアにもなる据え置き型・防水タイプのものまで様々な種類があります。種類によって価格は異なりますが、比較的安いため手に入りやすいところがメリットとして挙げられます。自分のニーズに合ったものを見つけることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *