ビーコンで位置情報を把握できます

ビーコンの注目度が高まっており、これは光や電波などを発信して位置情報を知らせる装置です。

一般的に地上にある無線局から発射された電波について、自動車に搭載されている機器で受信することによって自動車がどこにいるかなど、さまざまな情報を取得することができます。いろいろな業界において注目されているBluetoothという、低消費電力の近距離無線通信技術などを利用していて、半径数m~10mほど狭い範囲に届くような電波を、数秒に1回発信します。電波にはID情報を入れることができたり、店舗に設置すると付近を通った人のスマートフォンなどにクーポンやセールの情報などを送信することが可能です。サイズはコンパクトで小さなものでコインぐらいになっていて、タグとしてアイテムに取り付けたり、持ち歩いて使うこともできます。

子供や高齢者の見守りに利用したり、倉庫にある荷物管理に応用できます。位置情報を把握する方法として、人工衛星から電波を活用するGPSがよく使われていて、ビーコンはGPSと比較すると通信範囲の広さについて劣りますが、衛星から電波が届かないような建物や地下でも利用可能です。通信範囲が狭い分GPSよりも精密にアイテムの位置情報が特定することができ、安価でコンパクトになっています。ビーコンは低コストで購入することができ、工事なしで導入することが可能です。業務効率化やサービス向上のために活用することができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *