ビーコンの活用方法について

ビーコンを使えば離れた場所にいる人の端末に様々な情報を送信することができるため、私たちの生活で大いに役立っています。

ビーコンの活用例としてまず挙げられるのが、ロケーションに応じた有益な情報を得ることができる点です。ある一定のエリアの中でとある範囲ではAの情報を得て、別の範囲ではBの情報を得ることが可能です。このように、情報受信者の現在地に応じて情報を得ることができるため様々な場面で活用されています。例えば、スーパーの場合はあるお客さんの現在地を察知して需要のある情報を教えてくれます。特売情報やクーポンなど便利な情報を教えてくれるので、それを確認してスーパーに訪れるお客さんの少なくありません。スーパーは毎日たくさんのお客さんが来るため、一人一人に丁寧に接客をすることは難しいです。そんな時にビーコンを使えば、店舗側はお客さんのニーズに合わせて丁寧な対応をすることができます。

買い物客側は毎回の買い物で欲しかった情報を受信することができるので、双方にとってメリットになります。続いて、ビーコンを使用することで人やモノの位置情報や動線を知ることができて見える化することが可能です。業務の無駄を改善し生産性を高めるため、ビジネスの場面でも重宝されています。例えば、製造業ではビーコンを設置することで作業の重複部分を効率化したり人やモノの配置に改善すべき点がないか見極めることができます。このように、様々な場面で活用されており私たちの生活を支えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *