ビーコンの活用について

ビーコンとは狼煙や灯台などを意味しており、元来は情報伝達手段を指していました。

現在は無線標識や位置情報を取得するためのデバイスを指しています。地上の無線局などから放出される電波を航空機や自動車などに組み込まれている機器で受信し、位置などの各種の情報を取得するだけでなく、100mまでと検知距離が長く、数cmから数10cmと精度も高いので位置測定が可能です。ビーコンは至る所で利用されており、航空では飛行機を安全に誘導する無線標識として活躍し、道路交通では交通規制や渋滞などの情報を出す発信機として高速道路や幹線道路上に置かれています。

コンピューター関係ではBluetoothを利用して位置測定したり、赤外線を発信させることで敵味方の識別などの軍事的使用やロボット工学などにも使用されます。また、来店客のスマートフォンの位置情報と連動させることで、クーポン情報などを来店客に発信して集客を促すサービスにもその技術が使われています。他にもアバランチトランシーバーと呼ばれる雪崩ビーコンというのがあり、電波の発信と受信両方が可能で、雪崩で雪の中に埋没してしまっても遭難者が電波を発信すれば救助者のビーコンに届き、救助者は遭難した人の位置を探すことが可能になります。登山者やスキーヤーは雪山に入る前に身につけておくことになっています。このように、ビーコンは日常生活だけでなく救助などでも活用されているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *