ロケーションの管理ならビーコンセンサーで

ビーコンセンサーは人や物の位置情報を管理するのにベストなセンサーです。

センサーには加速度や圧力に位置情報が検知できるものが有りますから、用途に合わせてセンサーの機能を選んでいくのが良いでしょう。まず人の位置情報管理として、着座しているかどうかの管理をする場合には、圧力を検知できる仕組みが備わっている物をえらべば、オフィスで勤怠管理に使うことができたり、社員の呼び出しなどもスムーズに行きますので、業務効率化にもつながります。また映画館や演劇にスポーツ観戦でも着席状況がわかりますから、お客さんの実際に入った人数なども調べることができます。オンライン上から位置を把握できるので、人員を割いて確認に活かせるという作業もいらなくなります。

ビーコンセンサーは物品の管理などにも便利に使うことができ、タグを取り付けておけば在庫の品がどの位置にあるのかを把握することも可能です。棚から他の場所に移動したときにも、いつ移動してどこに保管したのかのログも取ることができますので、物を探さなければならないという手間を大幅に削減できます。ビーコンセンサーには大容量の電池が搭載されているものもあり、長期間にわたって保管を行いデータの受発信をする場合にも耐えられる製品があるので、運用時間が長い場合でも安心です。ビーコンセンサーは位置情報の管理作業を快適にできますので、人や物の管理をすることが多い企業の方は取り入れてみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *