ビーコンセンサーで何ができるのか

位置情報を知るためのものとしてはGPS位置測位装置が様々な分野で使われていますが、その性質上あらゆる場所で利用できるわけではありません。

GPSの仕組みとしては衛星軌道上にある複数のGPS人工衛星から発せられる電波を受信し、そこから自身の地球上にいる位置を知ることができるものです。このため電波が届く範囲内であれば位置を知ることができますが、電波の届かない屋内などの場合には位置を知ることができません。このようなGPSの及ばない場所でも正確な位置情報を提供するための方法としてビーコンセンサーがあります。ビーコンセンサーは、設置した場所から電波を発し位置情報を提供するというものです。

このような方法は以前からありましたが、より劇的に普及するようになったのは低消費電力の近距離無線技術であるBluetoothを利用したBeaconが登場してからです。Bluetoothそのものはワイヤレスのキーボードやマウスなどに採用されるもので、ノートパソコンやスマートフォン・タブレット端末などに搭載されている機能になります。

特にスマートフォンは現在では多く普及しており、ビーコンセンサーを使うことによってより正確な位置情報を提供することが可能となっており、ビジネスユースでは在庫管理に用いられるようになっていますし、大規模な施設であれば施設内の位置情報などにも用いられているものです。特にGPSと組み合わせることによってあらゆる場所で正確な位置を知ることが可能となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *