ビーコンの位置情報が取得できる仕組み

ビーコンは近距離で位置情報を利用できるシステムの一部です。

屋内でGPSのようなサービスが利用できることから多くの場面での活用が期待されています。Bluetooth信号を利用しているので、スマートフォンなどでも新たな機器を購入しなくても利用することができます。どのような仕組みになっているのでしょうか。ビーコンの装置はとても簡単な作りになっていて、設置自体もそれほど難しいことはありません。数秒に1回の一定間隔で無線が届く範囲にいる受信できる端末を探します。その距離はだいたい30mの範囲です。見つかった端末の位置情報をサーバーに送信します。サーバーはその端末に対して情報を提供すると言う仕組みです。

ビーコンを利用すると位置情報を取得するだけでなく、情報を送ることもできるので集客に適したシステムと言えます。近くにいる端末に対してタイムセールや店舗内の混雑状況などを発信すれば、店舗への誘導につながります。また在庫状況と照らして、商品の有無をお知らせすることで不要の来店を減らすこともできます。これによって顧客の購買履歴から、そろそろ購入する時期のものを情報提供することも可能です。

個人に連絡できればそれだけ、確度の高い広告につなげることが可能です。このように位置情報だけでなく、情報発信ができる点がGPSとは異なるビーコンのメリットと言えます。上手に活用できればコストパフォーマンスの高いマーケティングを行うことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *