ビーコンの位置情報でできるサービス

ビーコンはBluetoothを利用した近距離位置情報管理システムです。

大体30mの範囲で通信を行うことが可能で、これからのマーケティングへの活用が期待されています。聴き慣れない技術かもしれませんが、その便利さはかなり高く、知らないままでは済まされないものです。ビーコンの位置情報を活用することで、近くにいる受信可能な端末に情報を提供することが可能です。例えば店舗に近づいた顧客に対してタイムセールのお知らせをするようなことができます。その店舗を利用する目的がない顧客に対してもアピールできるので、集客力が高くなります。もう少しシステムを発展させると、購買履歴からさらに個人に対する適した情報を提供することも可能です。

例えば定期的にコーヒー豆を購入してくれる顧客に対して、信号を受信できる範囲にきた時に購入時期ではないかと言う情報を送ることで来店を促すことができます。ビーコンが把握した位置情報で、店舗への誘導を行うことも可能です。場所が分からなくて諦めてしまう顧客を減らす効果が期待できます。そのほか来店ごとにポイントを付与するようなサービスも構築できるので、定期的に来店してもらえるような習慣をつけることも可能です。店舗が運営しているネットで検索していた情報から購買を誘引するような情報を発信することも可能なので、判断を迷っている顧客への後押しの効果も期待できます。このように店舗スタッフのような働きが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *