ビーコンで位置情報を把握

ビーコンは低消費電力のBluetoothを利用した位置情報を特定する技術です。

その技術を活用した端末などのことも言います。身近な場所でいうと大型ショッピングモールなどの施設マップや、店によってこの機能を利用した商品情報の配信を行うことが可能です。ビーコンにはいろいろなメリットがあり、広告やホームページなどをユーザーが開かなくても、いろいろな情報を届けることが可能です。情報にアクセスするというハードルを下げられるので便利です。実店舗などの場において活用されていて、広告費の削減に役立つことができ今後の導入するところが増えてくるでしょう。ビーコンとよく似ているGPSについて、何気なくGoogleマップで活用しているGPS機能は人工衛星から発信している電波を活用しており、位置情報を把握できる仕組みです。

ビーコンの場合、信号を半径数十m範囲において発信する発信機そのものになり、この特徴の違いからGPSの場合は建物の中や地下など電波が遮断されると受信することができなくなります。しかしビーコンの場合はBluetooth機能がオンになっていると、専用アプリをインストールしているなら建物の中でも地下でも受信することが可能です。建物内などに設置している機器に発信源があるので、ある程度距離内だけで受信することができません。GPSの場合人工衛星を発信源になっているので、広範囲で受信することが可能です。新しい技術を利用して位置情報を活用することによって、ユーザーの獲得に利用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *