ビーコンの位置情報を使って集客

売り上げを伸ばすためには、客側にとって有用な情報を与えることが欠かせません。

お得な商品、バーゲンなどがあればぜひとも行きたいと思わせることができます。とはいえ何処も彼処も広告であふれている今日、それを見てもらうことさえ課題になっています。魅力的な情報であっても、ちょうどよいタイミングでなければ無意味です。たとえば新聞の折り込みチラシにであるスーパーの特売情報があったとします。しかもちょうど買い物に出かける直前に目にしました。しかもどこのスーパーに行こうか迷っていたので、チラシのスーパーにしようということになりました。一人の集客に成功です。このようなベストタイミングで情報が与えられることは非常に稀なケースです。結局ベストタイミングで広告を見ることで最大の効果を発揮できます。ビーコンはネットワークシステムの一種です。

限られた範囲内でしか使わないため、低費用で利用することが可能です。実際どのように使われているかというと、まず店舗に設置してある機械が位置情報を得て、メッセージを配信することができます。たとえばある特定のスーパーの前を通りかかったとします。位置情報システムにより、近くにいることがわかるのでビーコンからメッセージが送られてきます。タイムセールがやっているとわかれば、すぐにでも行くのではないでしょうか。このようにビーコンの位置情報システムを使えば、タイムリーな情報を発信でき集客につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *