温度管理システムを導入する時の注意点

温度管理システムを導入すると人材の確保やデータの信頼性維持などの問題から開放されます。

メリットばかりに感じることですが、注意しないともったいないことになる恐れがあります。温度管理システムを導入するにあたってはいくつか注意しなければならない点があります。まずは安定して稼働できるかどうかと言う点です。自動化される温度管理が、システムの不安定さで使い物にならないようでは意味がありません。例えば通信の問題やインストールしたパソコンのセキュリティーによってデータが書き込めないなどのトラブルです。

一度立ち上げると問題なく運用できるのに、時間が経つと通信が切れているなんてこともないとは言えません。構築時に長期間の運用を実施することで問題を発見できます。メンテナンス性が高いことも確認すべき項目です。センサーの寿命や交換のしやすさは安定した運用に欠かせません。センサー交換が頻繁だったり、交換に長時間が必要では計測できない時間が長くなります。耐久性の高いものを選んだり、安価でランニングコストの負担がないものを選ぶと良いでしょう。

温度管理システムを選ぶ時に必ず確認が必要なのが、計測精度です。対象となる温度範囲や精度が仕様にあっているかを確認しないと、計測データが使えないなんてことになります。将来のことを考えると少し高めのものを選んだ方が良いでしょう。また使いやすいと言うことも重要な要因です。専門知識がないと使えないようでは、引継ぎができない恐れがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *