国内の農家が取り入れている温度管理システムの概要

我々が快適に暮らす条件として、気温は非常に重要な条件となります。

人間にとって活動しやすい気温は20度~26度となっており、この気温以外であればエアコンを用いて適切な室温管理をするのが望ましいです。なお、気温は人間だけでなく動植物にとっても重要な位置づけであり、野菜を育てて生業とされている方だと温室施設を備えるなどして、細かい温度管理をなされていることでしょう。農林水産省が2019年12月に調査したところ、国内には約25万件農家があります。

このうちビニールハウス施設を備えた温室栽培をなされているのが約17万件ということがわかりました。これらの農家では、温室ファンやウォーターシステムといった従来から農業で使用されている温度管理設備で、各種作物を栽培されているのが特徴です。この従来のシステムの場合、すべて手動式となるので管理者が随時施設を見回る必要があります。2000年以降農業でもIT化の流れが進んでおり、新たに登場したのが「温度管理システム」です。

この「温度管理システム」とはパソコンで全施設の空調機器を一括管理できるものであり、管理者がひとつずつ空調機器を手動で動かす必要はありません。それはビニールハウス内に備わっている温度計センサーが随時室温を管理しており、パソコンに情報を随時送っているからです。「温度管理システム」には既定温度を保つ役割もあり、連動している空調機を自動運転することができます。このシステムを取り入れることで、農作物の生育を一定に保って安定した供給がおこなえています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *