温度管理システムの記録しているもの

温度管理システムが記録しているものには、いろいろなものがあります。

大きく分けると変化を見ている目的と、変化がないことを保証するためのものの2種類です。どちらにしても温度の逸脱がないことが重要で、そのためにリアルタイムな記録とその比較が重要です。その数が多くなると、システムとしての運用が重要になります。変化していることを知るようなものとして、化学変化などがあります。見た目ではわかりにくいようなことが、反応が起こることによって温度が上昇するような状況です。

順調に反応していることを確認する時もあれば、規定の温度になるまでを監視する時もあります。温度管理システムであれば、正常な変化と比較して逸脱がないことを確認することも可能です。規定の温度になる前にアラートを出すことも可能なので、反応を見逃す心配がありません。変化していないことを保証するようなシチュエーションは、定温管理などが考えられます。

食品や医薬品は、温度管理が重要です。逸脱があることで品質が劣化し、商品価値がなくなり廃棄しなければならないこともあります。温度管理システムを使って、逸脱がなかったことを証明しないと納品できないようなことがあります。この場合でも逸脱しそうになる前に、アラートを出すことができます。十分な時間があれば、対応も可能となるのでせっかくの商品をダメにしないことができます。空調の制御と組み合わせれば、自動で定温状態を維持することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *