iotデバイスの接続であらゆるモノの動きがわかる!

最近iotという言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

iotとはInternetofThingsつまりモノのインターネットのことで、インターネットを介してセンサーとの通信機能を持ったiotデバイスを活用できるようになります。以前のインターネット接続はパソコンやIT機器などが主流でしたが、現在ではスマートフォンやタブレットをはじめとして、テレビやスマートスピーカーなどのあらゆる機器が接続されるようになっています。

これらの機器をインターネットに接続することで、デジタル映像や写真などを見ることが可能になり、これからもますます活用されていくでしょう。このような機器以外に、インターネットと通信していなかったモノを接続することをiotといいます。iotデバイスを利用することで離れていても遠隔コントロールができたり、センサーを付けることで対象のモノの状態をしる遠隔監視も可能です。

モノには物理的なものだけでなく生物や自然現象なども含まれていて、iotデバイスで情報収集や数値化することで、問題の解決などに役立てることが可能です。例えばドアの開閉や戸締りなどを感知することで一人暮らしのお年寄りやペットの見守りにつながったり、工場での機械類の不調を検知して設備の故障時には迅速に対応できるようになります。またiotデバイスを活用すればエアコンや照明機器などのリモート操作もできますし、あらゆる環境を知ることができるので農業や工事現場などあらゆるシーンに活用できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *