iotデバイスとセキュリティー

スマート家電の普及に伴って、様々な家電に簡単にアクセス・管理することが可能な時代になりました。

接続されているiotデバイスはスマートフォンなどの端末からスイッチのオンオフの切り替えや、タイマーによる自動制御などによって家電同士が連携して私たちの生活に利便性を与えてくれます。しかしiotデバイスの広がりに伴って、家電がウィルスに感染する危険性も広まってきています。スマート家電がハッキングされて様々な個人情報が流出してしまうのは、もはや映画の中の世界だけではなく、現実に起きうることになってきているのです。

iotデバイスでプログラムが改ざんされないように検知するソフトウェアの開発や、不正なアクセスを人間が感知できるように、通信状況をリモートで見えるようにするなど、対応が必要になっています。データの集約化によって、スマートフォンを落としてしまった時のリスクも高くなってしまいますので、注意しなくてはなりません。スマートフォンで開けられる家の鍵も登場していますので、人によっては鍵や通帳よりも貴重品と言えるでしょう。

落としてしまった時にリモートで制限をかけられるように準備しておくことや、普段から画面ロックをして身体認証でないと解除できないようにしておくなどの対策が必要です。日常的に使っていると画面ロック機能は邪魔な機能に思うこともありますが、落としてしまった時にセットしてあるかないかで情報の流出リスクは大きく変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *