一般家庭で設置するのが望ましいiotデバイスとは

「iot」という言葉をニュースや新聞で一度は目にされたことがあるでしょう。

InternetofThingsの略称であり、直訳するとモノのインターネットという意味になります。一般的にインターネットとは情報端末に回線を接続して、人間が情報を得たり他者とコミュニケーションを図るための情報通信網として利用をしていました。それとは違ってiotはモノ同士がネット接続をすることを指しており、日本でも会社や学校・官公施設等で広く普及をしています。

iotデバイスとして挙げられる機器は防犯カメラ・エアコン・冷蔵庫・給湯器・玄関ドアで、2025年には自動車や鉄道もiotデバイスに含められる見通しです。この中で一般家庭で設置するのが望ましいiotデバイスはエアコンと給湯器の2つです。このデバイスの特徴は、外出先からでもスマートフォンやタブレットを用いて遠隔操作ができるという点です。専用のアプリケーションと連動させることで、各デバイスを操作して帰宅前に快適な空間を作り出すことが可能です。

エアコンであれば暑い夏でも帰宅前に作動をさせておけば涼しい空間を作り出せるので、自宅でペットを飼育されている方でも安心して外出することができます。給湯器のiotデバイスであれば帰宅前に浴槽に湯を張ることができ、家事を大幅に減らして時短の生活を送ることができるでしょう。ブロードバンドが整っている昨今では、これらiotデバイスを入手するだけですぐに快適な住居環境に変えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *